Home > 2011年03月

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
 

サヨナラノツバサ観てきました

虹色くまくま
リラメルララメルランルララン
マクロスF恋離飛翼~サヨナラノツバサ~観て来ました!

<以下ネタバレ感想>
シェリルのライブが相変わらずのエロティック全開!
まさかおしべとめしべが~なんて子供に「ねぇ、赤ちゃんてどうやってできるの?」って
聞かれた時のごまかしで言っちゃうようなものが映像で見るとやたらエロいとは思いもよらなかったです。

対してランカのライブはちょっと始まりに驚きました。その…呪文が…(笑
絵本の世界がそのまま立体になったようなファンタジックな舞台はまさにランカにぴったりで
可愛らしかったです。歌と映像が相成って素晴らしすぎて、他では泣かなかったのにこのライブだけは正直ちょっと涙出ました。
「魔物たちは歌い~♪」のところでちょっとヨッシーストーリーを思い出したのは秘密。

個人的に今兄と過去兄同士のバトルが劇場版でもあったのが熱かった。
ヴァルキリーでの戦闘シーンも今回もかっこよく大画面で見れて本当に幸せ。
艦長のマクロスクォーターでの重力サーフィンしたのにはエウレカを思い出してちょっと驚きましたが
艦長はもともと結構おどけたおじさんなイメージがあったのであのくらいはっちゃけてくれたほうが楽しい。

グレイスがドラマCDでシェリルのことほ本当に大事にしていた話があったので
劇場版でシェリルを大事にしててほんとに報われたなぁって思った。

アニメではラストに向けてシェリル一人が歌ってて、最終的にランカと合流→メドレーだったのが
劇場版ではランカ一人が歌っている状況→シェリルと合流→メドレーの流れになってるのが対比が効いてていいなぁ。

ちょっと笑ったところ
・お前の兄だ!と唐突に告げるお兄ちゃん
・ゴスロリアルト姫(シェリル以外スルー)
・FIRE BOMBERなミシェル・クラン・カナリア(完全にスルー)
・存知ないのですか?!inアルカトラズ
・盛り上がってんな…。と言っていきなりスプーンカンカンしはじめる囚人達
・イサム43歳
・インプラントを引きちぎるおにいちゃん
・金色に光る傾いてやがるアルト
・50年後にバジュラ人間になって帰ってきたアルト

皆アニメでは結構流されぎみだなって思ってたところもきっちり自分の力で決断して答えを出せていて、成長したなとしみじみ。
劇場版あくまでIFだけどシェリルとアルトが結ばれてすっきり腑に落ちた。
見直してみるとイツワリから今回までランカは可愛い妹扱いされてたのが結構はっきり見えてくるので…。
そう考えると海のシーンは片思いすぎて辛くて見てられません…!
劇場版ランカちゃんはアニメより初々しさがなく逞しそうなのでこれからアイドルとして邁進していくんでしょう。

<感想おわり>

終わっちゃって寂しいですが良い映画でした。サントラ発売楽しみです!長っ
スポンサーサイト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。